国内企業ニュース

大人気「業務スーパー」売れ筋商品のすごい裏側 !「豆腐屋で豆腐だけを作るな」という名言

gyoumu

naiyou

 「毎日がお買い得」をコンセプトに全国851店舗(2019年12月現在)を展開する「業務スーパー」。節約の味方の代表格として、存在感を放っている。 
運営元である神戸物産の売り上げの9割を占める主力事業で、2019年も好調に推移。同年10月期の同社決算は連結売上高2996億円、純利益120億円と、ともに過去最高を記録した。

人気の理由は安さだけではない。4000点に及ぶ品ぞろえ、とくに全体売り上げの3割を占めるプライベートブランド(PB)商品にはユニークなものが多く、人気を博している。「このPB商品が弊社の利益の多くをまかなっています」と、同社の経営企画部IR・広報課長の花房篤史さんは話す。
ではいかにして、バラエティ豊かなPB商品が生まれているのか。取材をすると、次々と独自の仕組みが見えてきた。

「豆腐屋で豆腐だけを作るな」
まず、同社の大きな特徴は、独自の「製販一体体制」にある。製造・流通・販売と一貫して自社で手がけているため、中間業者を通さない分コストカットができる。
また、国内で製造するPB商品は21の自社グループ工場で作られているのだが、ここでの“オリジナリティと低価格を両立させる工夫”が興味深い。

例えば、「厚焼玉子」(137円税抜)は、卵に豆乳を加えることで材料費を節約しつつ、ふわふわ感を出すことに成功。「Ca鮭フレーク」(185円税抜)も、鮭の骨を一緒に混ぜることで材料費や廃棄費用を抑えると同時に、カルシウムがとれるという付加価値を加えた。
「自社グループ工場という利点を生かし、あえて加工度合いの高い商品を作っています。ペットボトル入りの水のように加工度合いの低いものは作りません」と、花房さんは説明する。


ニュースソース:
https://toyokeizai.net/articles/-/328909?display=b



みんなの意見を読む

【ネーミングライツ】ヤフオクドームを「ペイペイドーム」に改称【PayPay】

dome

naiyou

 プロ野球で3年連続日本一に輝いたソフトバンクは1日、福岡市内にある本拠地の命名権でスマートフォン決済アプリなどを運営するペイペイと合意し、来季から球場名を「福岡ペイペイドーム(略称ペイペイドーム)」に変更すると発表した。2013年から、ヤフオクドームとして親しまれてきた。 

 球団の親会社のソフトバンクグループは、ペイペイに50%を出資している。既に球場内でもペイペイの決済を取り入れており、命名権の取得で一層の知名度向上を狙う。


日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50273_R01C19A1000000/



みんなの意見を読む

サンワサプライ、20台のUSBデバイスを同時充電できる充電器

20dai

naiyou

 サンワサプライ株式会社は、20台のデバイスを同時充電できるUSB充電器「ACA-IP64」を発売した。価格は68,040円。 

 1ポートあたり1Aの出力が可能な充電器で、20台のデバイスを同時に充電可能。全体で合計20A出力できる。すべてのポートの電源を一括でオン/オフできるスイッチを備えるほか、各ポートにLEDインジケータを搭載し、充電中は赤、充電完了時は緑に光る。

 過電圧保護、過電流保護、短絡保護回路を搭載。ACアダプタははずれにくいスクリューロック式を採用するほか、付属のL型プレートとネジでキャビネットとラックに取り付けられる。

 本体サイズは268×102×40mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1,060g。



ニュースソース:
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1201187.html



みんなの意見を読む

NEC、「空飛ぶクルマ」試作機の浮上実験に成功

no title

naiyou

 NECは8月5日、同社が開発した「空飛ぶクルマ」の試作機について、我孫子事業場(所在地:千葉県我孫子市)に新設した実験場において浮上実験に成功したと発表した。 
今回、NECが開発した試作機のサイズは、全長約3.9m、幅3.7m、高さ1.3m。空飛ぶクルマに必要となる自律飛行や機体位置情報把握(GPS)を含む飛行制御ソフトウェアや、推進装置であるモータードライバーなどを新たに開発して試作機に搭載。そして、新設した実験場にて試作機の浮上に成功した。

 同社は、空の移動革命の実現に向けて、空飛ぶクルマの移動環境に必要となる、交通整理や機体間・地上との通信などを支える管理基盤の構築を本格的に開始。今回、その取り組みの第1段階として、近未来型の空飛ぶクルマにおける機体管理の機能や飛行特性を把握するために試作機を開発した。
同社では、これまで経済産業省と国土交通省が設立した「空の移動革命に向けた官民協議会」へ参画するとともに、日本発の空飛ぶクルマの開発活動団体「CARTIVATOR(カーティベーター)」を運営するCARTIVATOR Resource Managementとスポンサー契約を締結し、「空飛ぶクルマ」の機体開発の支援などを進めている。

 また、同社は航空・宇宙分野における航空管制システム・衛星運用システムなどで培ってきた管制技術や無線通信技術、無人航空機の飛行制御技術の開発実績および重要インフラ分野でのサイバーセキュリティ対策に関する知見を有しており、これらの技術・知見を活用して、空飛ぶクルマのための新たな移動環境の実現に向けた検討を進めている。

 NECは、今後も新たな移動環境の管理基盤の構築を目指して、空飛ぶクルマに関する技術開発や試作機を活用した検証・評価を継続して実施するとともに、CARTIVATORをはじめとしたパートナー連携を強化。将来的には地上から空までをシームレスに繋ぐ、安全・安心な次世代の移動環境の実現に向けての取り組みを加速していくとしている。


ニュースソース:
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1200013.html



みんなの意見を読む

アマゾン「買い切り」方式、出版業界に波紋 年内にも導入

book

naiyou

 ネット通販大手のアマゾンジャパン(東京都)が、出版社から本や雑誌を直接購入し、売れ残っても返品しない「買い切り」方式を年内にも試験導入すると発表した。取次会社を通して仕入れ、返品できる従来の流通の仕組みを大きく変えるもので、出版業界に大きな波紋を広げている。

 アマゾンは値下げ販売も検討するとしており、本の価格を維持してきた再販売価格維持制度(再販制度)の形骸化を懸念する声も上がっている。 


ニュースソース:



みんなの意見を読む

トヨタ「eモータースポーツ」本格参入 冠大会など

no title

naiyou

 トヨタ自動車は15日、コンピューターゲームの自動車競技「e(イー)モータースポーツ」に本格参入すると発表した。モータースポーツの社内カンパニーが、人気レースゲームを使った冠イベントを開くなどする。eモータースポーツは一般の認知度が高まってきており、協賛などを通じてトヨタのモータースポーツの裾野を広げる。 

 ソニーのテレビゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の人気カーレースソフト「グランツーリスモスポーツ」で、4~10月に「GRスープラGTカップ」をネット上や10月開催予定の東京モーターショー会場で開く。大会名はモータースポーツの社内カンパニー「ガズーレーシング」や、17年ぶりに復活させるスポーツ車「スープラ」などにちなむ。

 国際自動車連盟(FIA)公認のオンライン選手権である「FIA GT チャンピオンシップ」の公式パートナーとして協賛も始める。トヨタはモータースポーツ部門の活動の柱の1つにゲームも据えて強化する。


ニュースソース:
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42556730W9A310C1000000/



みんなの意見を読む

楽天対アマゾン、ヤフオク対メルカリ 利用者数が逆転

yodo

naiyou

 ショッピングモールの二大巨頭、「楽天市場」対「Amazon.co.jp」、そして中古品売買プラットフォームの両雄、「Yahoo!オークション(ヤフオク)」対「メルカリ」。2トップがしのぎを削る両ジャンルの対決で2018年、国内利用者数の逆転現象が起きたことが明らかになった。 

 日経クロストレンドは、インターネット視聴率データを提供するニールセン(東京・港)の協力を得て、2018年1~10月のネット利用動向を調査した。
まず楽天市場対Amazonについて、スマートフォン(スマホ)からの利用者数推移を見ていこう。18年1月時点では、楽天市場が4172万人、Amazonが3823万人と楽天市場が350万人ほどリードしていた。これが4月になると楽天市場3840万人、Amazon3802万人と一気に差が詰まり、7月にAmazon4014万人、楽天市場3947万人と逆転。以降4カ月連続でAmazonが楽天市場を上回り、10月はAmazonが100万人弱リードしている。

 一方、パソコンからの利用者数は以前からAmazonがリードしており、両社とも微減で推移している。これでスマホ経由、パソコン経由ともに、Amazon利用者数が楽天市場の利用者数を上回ったことになる。なお、スマホからの利用者数、およびパソコンからの利用者数は両端末からアクセスした人を含むため、単純に合算はできない。

 Amazonと楽天市場は、18年もそれぞれ大型セールを繰り広げた。Amazonは7月16日から36時間にわたって「プライムデー」を開催し、過去最高のセール売り上げを記録。12月7日からは80時間にわたって「サイバーマンデー」を開催し、人気YouTuberを招いて動画コマースを展開するなど、新しい販促に意欲的に取り組んだ。

 楽天市場も年4回の「楽天スーパーSALE」と11月の「ブラックフライデー」を開催したほか、5月には楽天が運営するJリーグクラブ「ヴィッセル神戸」が世界最高峰のプレーヤーと名高いアンドレス・イニエスタ選手を獲得したことで記念セールを展開した。楽天イーグルス感謝祭やブラックフライデーでは最大43倍ものポイントを付与するなどの大盤振る舞いで楽天経済圏の拡大に努めたが、アマゾンの勢いが上回った格好だ。


以下ソース
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO39764710Y9A100C1000000



みんなの意見を読む
メッセージ

このサイトの管理人にメッセージを送る場合はこちらから。相互リンクもお待ちしております。(公序良俗に反しないサイトでお願いします。)

名前
メール
本文