その他情報

なぜ、個人投資家は株式投資で勝てないのか?

gakkari


naiyou
 筆者は2001年に初めて株式投資を行い、同じ年に商品先物取引を開始した。投資開始以来、1年半の間は負け続け、大きく資金を失ったのち、勝てる投資家へ変わった。

 2004年からはその経験を活かすべく、1万人を超える投資家に投資を教えてきた。15年間の投資経験と、投資を教えてきた経験の中で、個人投資家がなぜ株式投資で勝てないのか、その理由をまざまざと見続けてきた。それは15年前も今も、全く変わらず繰り返されている。
つまり、多くの個人投資家には、その理由が目に見えていない。ここでは、個人投資家が株式投資で勝てない目に見えない理由を解説する。

1. 圧倒的に知識が足りない
 個人投資家には、株式市場や株式投資に対する知識が圧倒的にたりない。個人投資家は株式市場に対しても、株式投資に対しても、そして自分自身を振り返るという意味でも、知識が足りな過ぎる。ある一定期間の投資の後に、もし資金が減っているとすれば、その結果こそが知識の欠如を表すものと捉え、とにかくまずは勉強をすることが必要だ。

2. 資金管理能力が欠落している
 個人投資家は、「資金管理が大切だ」ということを言葉で理解するものの、その真の意味を体得することはない。資金管理とは、具体的に言えば、自分自身の資金が減ることに対する、精神的・資金的な準備を行うことだ。
技術的な資金管理の方法は、売買株数のコントロールと損切り、そして利食いだ。しかし、一般の個人投資家は、その3つの全てに具体的な技術と理論的な裏付けを持っていない。つまり、投資において最も大切な資金管理能力が、個人投資家には欠落している。厳しい言い方になるが、これでは文字通り、一生勝てない。

3. 自分自身の投資戦略がない
 株式投資に勝つための方法は、決して1つではなく、無数に存在する。勝つための方法が無数に存在するとすれば、あなた自身が勝つためには、具体的にあなた自身の勝つ方法を決める必要がある。株式投資で勝つ方法を、投資戦略という。
投資戦略とは言い換えれば、投資スタイルであり、投資方針であり、勝ちパターンだ。あなたが勝てなかった理由の1つが、これまで投資戦略を1つに決めなかったことなのだ。

4. 戦略を遂行するための道具を持っていない
 株式投資において、日々の売買を実践していくためには、行動に即した戦術が必要だ。この戦術こそが売買ルールであり、売買ルールは様々な道具によって構築される。ファンダメンタル分析を行う投資家の道具は、ファンダメンタル指標であり、テクニカル分析を行う投資家の道具は、テクニカル指標である。あなた自身の投資戦略を遂行するための道具を準備しよう。その道具を具体的に準備することこそが、売買ルールを作るということだ。

5. 使っている道具が戦略と合っていない
 ほとんどの投資家は、各種のファンダメンタル指標やテクニカル指標を使っている。しかし、結果は多くの投資家が負ける。この理由は、投資戦略と使っている道具が合っていないことに起因している。つまり、道具が悪いか、道具の使い方が悪いか、もしくは両方かだ。
その道具を使っても望む結果を得られないとしたら、どこかに問題があることに気づかなければならない。各種の指標は、適切に使えば、そのほとんどで利益を上げることができる。「○○は使えない」と言う前に、あなた自身の使い方と、戦略が合っているかどうかをしっかり確認して欲しい。

6. 脳を過信し、手を動かしていない
 多くの個人投資家は、全ての株式投資の決断を頭の中、つまり脳を使って行っている。これに対して、利益を上げている投資家は、売買ルールを構築し、売買を行う。売買ルールを構築するためには、過去検証を行い、過去の値動きにおける収益の可能性を確認する。
この過程では、売買ルールや検証は、ボールペンでノートに書いたり、エクセルにデータを入力したりして、手を使って行われる。ただ頭で考えるのではなく、着実に手を使って作業を進めることで、より確実に利益に近づくことができるのだ。
 残念ながら、日本の個人投資家の中で、株式投資において、書く作業が非常に大切だと気づいている人はほとんどいない。株式投資で勝つためには、ただ頭で考えるのではなく、1つ1つの判断や行動を書いて進めることが大切なのだ。

7. 勝つための行動を実行できない
 上記1~6において、株式投資で勝つために必要な6個の要素を上げた。これらのことを全て理解し、身に着けたとしても、最後の課題が残っている。
それが、1~6を確実に実行に移すことだ。しかし、多くの投資家は、必要と分かっている行動を実行することができない。投資は、欲と恐怖を中心とした強い感情に、常に晒されているからだ。

 多くの投資経験者は、口癖のように「分かっているけどできない」と言う。この言葉は、株式投資で勝つためには口にしてはならない言葉だ。株式投資で勝つためには、必要とされる、勝てる行動を実行する意思が必要だ。
その意思を後押しするものは、上記の1~6を確実に体得し、行動を積み重ねることだ。その理解と行動が自信につながれば、投資家は勝つために必要な行動をそのまま実行できるようになる。

ニュースソース:
https://zuuonline.com/archives/114291


みんなの意見を読む

なぜハイブリッド車の販売台数は伸びないのか?・・・それは

nsx


naiyou
 自動車という商品は、純粋な道具ではありません。文明の利器であるけれど、文化(趣味)も背負っている。
「食」も文化だ。安価なファストフードは栄養分という点で申し分ない。されど一定以上のシェアにならない。
安価な衣類だって、買わない人は買わない。私の見解が正しいのか解らないけれど、自動車も全く同じだと考えます。

 この4年、ハイブリッド車の世界販売台数は毎年120万台程度のままである。モデル数としちゃ大幅に増えているものの、絶対数が伸びてないです。マツダの日本での売れ行きを見ると大きく伸ばしているけれど、ガソリンエンジン車だけで考えればキビシイ。なぜか? 素晴らしい「文明」ながら文化という点で物足りないんだと思う。もっと解りやすく書けば「楽しくない」のだ。

 マツダは「大排気量NAこそ効率が良い」と断言する。その通りなのかもしれない。ただ「栄養が足りていて安い」と同じように思う。
トヨタのハイブリッド車も燃費が良くてクリーンである。ハイブリッド車の場合、節約出来る燃料分で「ハイブリッド代」もカバー出来てしまう。
「道具論」だと正論だ。されど文化は効率だけじゃ決着しない。そのあたりがクルマに興味ない人には通じません。

 敬愛すべきマツダの人見さんは部類のビール好き。ビールについて聞いてみたら、当然の如くコストパフォーマンスより味だ、と言い切る。でもビールに興味ない人だと、安くて酔えればいいと思うことだろう。ゴルフ嫌いの人にゴルフの話をしても意味なし。
価値観の違いというヤツ。日本のメーカーのパワーユニット担当に話を聞くと、そんな印象を持つことが最近増えてきた。
楽しくて環境にやさしいパワーユニットとは何か? そんなことを考える日々です。「もっと楽しいクルマを作ろうよ」のメーカーに期待したい。ここが頑張れば他も負けてられないですから。

ニュースソース:
http://allabout.co.jp/newsdig/c/88885


みんなの意見を読む

仕事ができる人はハンカチを2枚持っている事が判明!

hankati


naiyou
 『仕事ができる人はなぜハンカチを2枚持っているのか?』(西松眞子著、日本実業出版社)の著者は、幅広い分野でのコンサルティング実績を持つ「対外的・戦略的イメージコンサルタント」。
長年にわたり、人を輝かせるマナーや印象アップの法則を企業やビジネススクールで提供しているのだそうです。

「周囲から一目置かれる存在になりたい」
「役職や立場にそぐう立ち居振る舞いを身につけたい」
「仕事でもプライベートでも、コミュニケーションがうまくなりたい」

 指導を繰り返すなか、上記のようなことをよく相談されるそうですが、その解決策としてできるもっとも重要なことのひとつが「気くばり」。それは単なる人づきあいの潤滑油、好印象を得るためのおべっかではなく、ワンランク上の自分を演出するための必須アイテム。事実、ライバルとの競争で最後に勝つのは、例外なく気くばりを磨いている人だとか。逆に「知識やスキルは充分なのに、評価がなかなか上がらない」「人との関係が良くならない」という人は、たいてい気くばりが不足しているといいます。
そこで本書では、気くばりを戦略として身につけ、自己演出として活用する方法を説いているというわけです。
とはいえ決して難解なものではなく、そのアプローチはソフトで穏やか。第1章「ものの気くばり」から、いくつかを引き出してみましょう。

【ハンカチを2枚持つ】
 「どうすれば気くばりができる人になれるのか?」と質問されたら、著者は迷わず「ハンカチを2枚持ってきてください」というのだそうです。
「ハンカチ1枚」は身だしなみの域で、いわば当たり前のレベル。では、なぜ2枚持つのでしょうか?
それは、いつか、必要な誰かにそっと差し出すため。つまり、自分ではない人のために、もう1枚ハンカチを持っておくということ。
こうした小さなことを習慣にするだけで、まず自分自身の意識が変わるといいます。
ただ現実的には、実際に誰かにハンカチを差し出すことはそうそうないもの。
しかしそれでも、成功する人は常に準備を怠らないということです。なぜなら、自分以外の人に対して気を配ることが心のゆとりを生み、いつかあらゆることが好転していくものだから。友人や家族だけでなく、まったく見知らぬ人への気くばりをも身につけている人は、ビジネスでもプライベートでも、ワンランク上へ進めるという考え方です。
なおハンカチはブランドものである必要はありませんが、清潔感のある(きれいに洗濯された、アイロンのかかった)ものを持つことを心がけるべきだと著者は付記しています。

ニュースソース:
http://www.lifehacker.jp/2015/07/150730book_to_read.html


みんなの意見を読む

上質なコーヒーを求めはじめた日本人 背景には日本文化特有の細部へのこだわりが

coffee


naiyou
 スターバックスなど、海外の専門店の進出は、日本においしいコーヒーブームをもたらした。
さらなる上質を求める消費者をターゲットに、ブームも新たな局面に入っている、と海外メディアが報じている。
一方、ちょっと気になる、コーヒーに関する研究結果が、海外で話題となっている。

◆喫茶店の味、復活?◆
 APは、日本には今や1000店を超えるスターバックスがあり、コンビニでさえも、入れたてのコーヒーを提供すると述べ、日本人のコーヒー好きを紹介。しかし、こうした新規参入の割を食ったのが、古き良き喫茶店で、ここ数十年で、店舗数が激減したと伝えている。

 そんな今、まさに喫茶店が得意としていた、手間のかかった質の高いコーヒーを提供して人気を得ているのが、今年2月に海外1号店を東京の清澄白河にオープンした、「ブルーボトル・コーヒー」らしい。
同社は、2002年にアメリカ西海岸で創業。現在米国内に17店を構え、自家焙煎の豆を使った、こだわりのコーヒーを出す「職人気質の」チェーンとして有名だ。3月には表参道店も開店している(AP)。

◆安全と品質が、外食産業のカギ◆
 APは、日本のブルーボトルで、4時間待ちの行列が出来ていると報じ、人気の理由は、日本文化にも繋がる、その細部へのこだわりだと分析する。また、スターバックスが作り出した紋切型のコーヒー文化から脱し、さらなる上質を求める人々が現れたことも、もう一つの理由だと述べる。

 フードビジネス・コンサルタントの藤居譲太郎氏は、今が「外食の新時代だ」と述べ、ブルーボトルの到来とマクドナルドの不振は、消費者が食の安全と質を求める、より大きなトレンドの一部だと説明する。
藤居氏は、ブルーボトルに限らず、質を重視する飲食チェーンは、マクドナルドのように何千店規模を目指すのではなく、せいぜい50から100店に出店数を留めるだろうと指摘。代わりに、金になるビジネスに繋げるため、ブランド・イメージをしっかり固めることに集中すると述べている。

 欧米の人気店が溢れる日本で、今の人気が一過性のブームで終わらないことを願うブルーボトルだが、
東京、代官山に3店目の出店も計画(AP)。今後も新しいトレンドを日本に届けてくれそうだ。

◆1日1杯のコーヒーでも健康被害?◆
 ところで、イギリスのデイリー・メール紙は、コーヒー好きには、ちょっと心配な欧州食品安全機関(EFSA)の調査結果を報じているEFSAによれば、限度を超えるカフェイン摂取は、不安症、不眠、心臓疾患の原因となる危険性があり、1日あたりの摂取量は400㎎以下が望ましいとのことだ。

 平均的エスプレッソ1杯は、80㎎のカフェインを含有。マグカップ1杯のインスタントコーヒーなら100㎎、レギュラーコーヒーなら140㎎だというが、毎日の食生活では、コーヒー以外からもカフェインを摂取することを忘れてはならない。
例えば紅茶1杯には50㎎、レッドブル1缶なら80㎎、小さなチョコレートバーにも50㎎のカフェインが含まれている。
たとえ1日1杯のコーヒーであっても、330㎎のカフェインを含む、スターバックス・コーヒーのグランデ・サイズにチョコレートバー二つを付ければ、一気に限度を超えてしまう計算だ。

 適度なコーヒーの摂取には健康効果も報告されていることから、EUの報道官は、「この調査のメッセージは、コーヒー以外からのカフェイン摂取にも注目すべきと言うこと」と述べ、気づかぬカフェインの摂り過ぎに注意を促している。

◆コーヒー好き世界一は、ダントツであの国◆
 さて、ウェブ誌『Insider Monkey』は、コーヒー消費量を国別で比較し、アメリカ、ドイツ、イタリア、フランスとともに、日本は世界の上位5位に入るコーヒー消費国だと伝えている。
 もっとも、日本の1人当たりの年間消費量は、2013年で約3.5キロと、トップ20にも入らない。
1人当たりの消費量が多いのはヨーロッパで、特に北欧の国々がトップを占める。
ダントツの1位はフィンランドの12.1キロで、デンマーク9.4キロ、ノルウェー9.2キロがそれに続く(全日本コーヒー協会統計資料)。
『Insider Monkey』 は、冬の長さが消費量に関係しているのではと推測しているが、
北欧の皆さんは、カフェインの摂り過ぎには、くれぐれも注意していただきたいものだ。


みんなの意見を読む

株で稼げる人はカードゲームが好き プロトレーダーが明かす、株で稼ぐ人、損する人

card


naiyou
 お金を稼ぐための手段は一つだけではありません。多くの人は会社に入って働き、その対価としてお金をもらうという稼ぎ方をするでしょう。他にも自分で事業を立ち上げたり、不動産に投資をしたり、物を作って売るなどの方法があります。

 その中で、今注目を集めているのが株式投資です。4月10日には日経平均株価が15年ぶりに2万円台を記録。
「自分も株をやってみようかな」と思っている人は少なくないでしょう。

 しかし、株の世界は簡単に手を出してすぐ成功できるところではありません。

 株式スクール冨田塾を運営する個人トレーダーの冨田晃右さんは、株取引で稼ぎ続けるためには投資家ではなくトレーダーを目指すべきだといいます。
トレーダーたちはパソコンの画面に映る株価のチャートを見て、株の売買を判断します。常にチャートの変化を把握し、経験と訓練を重ねていく。正面から向き合わなければ、長期的に稼げるようにはなりません。「ラクして儲かる」世界はどこにもないのです。

 さて、冨田さんいわく、このトレーダーには向き不向きがあります。
では、株価チャートを使ってのトレーダーに向いている人はどんな人なのでしょうか?

【トレーダーに向いている人は「カードゲームが好き」】
 株式相場の中で利益を得ていくことは、競争に勝っていくこと。自分の手持ちの材料を吟味して今後を予測し、それが当たれば勝ち、外れれば負け…そんな勝負事をドキドキしながら楽しめる人は、トレードに向いている冨田さんは言います。

 これは、カードゲームやテレビゲームが好きな人と通じる傾向です。
過去の経験則から勝つためのパターンを導き出して勝負し、勝った時には称賛やご褒美が得られる。
そこで感じる喜びはトレードで稼ぐことができたときの喜びと同じなのだとか。

 あなたはカードゲームが好きですか?

【トレーダーに向いている人は「過去を楽しむことができる」】
 トレーダーはチャートを見て日々過ごしていますが、冨田さんいわく、その間難しいことを考えているわけではなく、極端な言い方をすれば「ただ見ているだけ」なのだとか。

 では、どうやって株の売買を決断するのでしょうか。

 冨田さんは「過去からのパターンを探してくる」という方法でやっています。
株価には過去からのある一定の決まった値動きの形があり、その値動きの形によって株価が上がったり、下がったりします。そしてその経験則を踏まえて現在のチャートに当てはめ、似たような形を探すのです。

 経験を積めば積むほど、この判断は研ぎ澄まされていきます。いいことも悪いことも含めて、過去を受け止め、楽しむことができるか。それがプロトレーダーとしての資質になるのです。

【トレーダーに向いている人は「競馬場へ行って馬券を買わずに帰れる」】
 競馬場に行くと、たくさんの人たちが馬券を持って熱狂しています。彼らがそこで見ているのは基本的には自分と馬だけ。
そして、レースの合間に競馬新聞を読んで研究し、また自分と馬だけの世界に入っています。

 こういう傾向にある人はトレーダーには向いていないかもしれません。常に冷静に周囲を見渡す力が必要なトレーダーは、誰がその場で一番勝っているのか見極めようとします。例えば主催者のJRA、競馬新聞の販売者、ビールや軽食を販売する店など、その場でお金を稼いでいる人たちはたくさんいることに気づくでしょう。

 また、競馬のレースで勝負する場合、全てのレースで勝負しようとする人は典型的な「稼げない人」の行動パターン。

 レース前日までにデータを検証し、勝てそうなレースを選んで勝負する人が稼げる人の特徴です。


 冨田さんが執筆した『ここが違った、株で稼ぐ人、損する人』(集英社/刊)は、株で稼げる人になるために、「個人投資家」ではなく「個人トレーダー」を目指すべきだとした上で、その行動規範や思考法と技術を教えてくれる一冊です。

 株をド素人がいきなり始めても、そう簡単に稼げるようにはなりません。成功と失敗を積み重ねて判断力を高めていかなければ、稼げる人になれないのです。本書はプロの個人トレーダーとして成功するための具体的な方法を紹介しているので、参考にしてみてください。

ニュースソース:
http://biz-journal.jp/2015/05/post_9967.html


みんなの意見を読む

年収が高い男はチョコをよく食べていることが判明!

choco


naiyou
 デキる男はチョコを食う――。
 そんな驚くべき調査結果を取材中に耳にした。明治が全国のサラリーマン900人を対象にインターネット調査をしたところ、60.7%が仕事中にチョコレートを食べており、その傾向は年収の高いサラリーマンほど顕著にあらわれたという

 つまり、仕事のデキる男が“小腹満たし”のためつまんでいるのは、スナック菓子でも飴でもガムでもなく、圧倒的にチョコが多らしいのだ。

 過去には勤務中に「おやつ」を食べる男性は7割以上だとか、9割を超えているだとかいう調査結果があり、そこでもやはりチョコの支持率は高いことが明らかになっている。
実際に、オフィスでチョコをつまみながらキーボードを叩く男性社員をよく見かける。
とはいえ、さすがに「デキる男」ってのはどうなのさと思う方も多いだろう。

 ただ、最近のビジネスパーソンのトレンドを踏まえて考えてみると、この調査結果にはいたく納得できるのだ。

 それは、「ご褒美男子」である。

 別の調査になるが、ダイドードリンコによると、20~50代のビジネスパーソンを対象に勤務時間中や通勤時間中に、自分自身への「ご褒美」として何らかの商品を買うことがあるかと尋ねたところ、「ある」と回答したのは女性では56.5%、男性では46.7%に達したという(関連記事)。

 これは頑張った私へのご褒美、なんて言って高級ブランドの鞄や財布を買う若い女性がいるが、このような傾向が男性にもあらわれてきたのだ。なかでも女性に迫るほど「ご褒美」を活用しているのが若い男性で20代が53.5%、30代で52.2%と2人に1人になっている。

 自分でニンジンをぶらさげてモチベーションを高めていくという自己管理方法は、一流アスリートなど勝負の世界に生きる人はよく使っている。それが習慣になっている若いビジネスパーソンが、「デキる男」へ大化けする可能性は高いといえよう

(続きはサイトで)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1505/19/news035.html


みんなの意見を読む

住宅ローンを完済した夫婦でも、老後資金には退職金+1500万円が最低限必要である事が判明

old


naiyou
 経済ジャーナリストの荻原博子氏と東北大学の村田裕之特任教授が7日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、豊かな老後生活を送るために必要な資金や心構えについて語った。

 荻原氏は、住宅ローンを完済した夫婦でも「退職金以外に最低1500万円の貯金が必要だ」と強調。「現金がどれくらいあるかなど、 財産の棚卸しをしっかりしていない人が多い」と指摘し、財産を把握することが大切だと訴えた。

 村田氏は「老後の不安は健康、経済、孤独の三つ」としたうえで、「老後の不安は、仕事を続けることで解消できる。会社の外を向いて、現役のうちに(他の職業にも就けるよう)好きなことを見つけるのが大事だ」と述べた。

ニュースソース(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150507-OYT1T50142.html


みんなの意見を読む
メッセージ

このサイトの管理人にメッセージを送る場合はこちらから。相互リンクもお待ちしております。(公序良俗に反しないサイトでお願いします。)

名前
メール
本文