ai_speak


naiyou
 新聞やテレビなど、多くのメディア(特に一般向けのメディア)では、「スマートスピーカー」ではなく「AIスピーカー」という用語が使われている。
日本ではすでに「AIスピーカー」の呼称が支配的になりつつあり、ネット検索の量を可視化する「Googleトレンド」で調べてみると、「AIスピーカー」が「スマートスピーカー」を凌駕している(図1)。 
特に気にも止めない方も多いかもしれないが、筆者はこの傾向を強く憂慮している。現在のスマートスピーカーを「AIスピーカー」と呼称するのは適切ではないと思うからだ。このまま定着すると、禍根を残す可能性がある。
なぜそう思うのか、筆者の考えを解説してみたい。 
  
【「AIスピーカー」は日本でしか通じない言葉】 
 スマートスピーカーが何かは、そろそろみなさんもご存知のことかと思う。ネットに接続され、音声アシスタントを介して人とコミュニケーションをとりながら動く機器のことだ。
これが「AIスピーカー」と呼ばれるのは、音声アシスタントが声を聞き取り、その内容を解釈して答えるためだろう。「AIが答えてくれるスピーカーだから、AIスピーカー」という発想によるものと思われる。
これは一見妥当に見えるが、かなり問題が多いと筆者は考える。理由は主に2つある。シンプルな理由から説明しよう。
そもそも「AIスピーカー」という言葉は、世界的に見ればほとんど使われていない言葉だ。なにしろ、各社とも発表時のプレスリリースでは、そろって「スマートスピーカー」という言葉を使っており、「AIスピーカー」という呼称は使っていない。
プレスリリースの表現に従えば、「スマートスピーカー『Clova WAVE』、本日より正式発売」(LINE 10月5日付プレスリリースより)、「Google Home は、Google アシスタントを搭載し、音声で動作するスマートスピーカーです」(Google 10月5日付プレスリリースより)となっている。
Amazonはプレスリリース中では「スマートスピーカー」という表記を使っていないものの、同社製品ページ中では「音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです」と表記している。

 もう少し傍証を挙げよう。 
図2は、Googleトレンドで、過去12カ月の間に、「AI Speaker」と「Smart Speaker」が検索された量を比べてみた図だ。英単語にしているのはもちろん、日本語以外での傾向を見るためである。結果は日本のものとはまったく違う。「AIスピーカー」は完全に少数派であり、「スマートスピーカー」が主流である。 
これが、スマートスピーカー市場の中心であるアメリカになると、もっとはっきりする(図3)。実のところ、筆者もアメリカ取材中に「スマートスピーカー」という言葉は日常的に耳にするが、「AIスピーカー」という言葉はほとんど聞いたことがない。
海外で定着した言葉があり、メーカー側もあまり使っていない言葉が勝手に広まり、日本独自の一般名詞として定着するのはいいことなのだろうか? 「スマートスピーカー」という言葉がとても難しく、日本では定着し得ない言葉ならばしょうがないと思うが、決してそうではあるまい。 
    
【AmazonやGoogleは決して「AI」と呼ばない】 
 筆者はアメリカでEchoを購入し、登録しているが、Amazonから毎週「Echoでこれをやってみよう」という内容を知らせるメールが届く。
スマートスピーカー先進国であるアメリカですら、「スマートスピーカーになにを話すとなにをやってくれるか」を周知する必要がある段階で、人間の話した言葉に自由に対応できる状況にはない。 
そのためか、AmazonもGoogleも、「AI」という言葉の使い方にはかなり慎重になっているようだ。
その証拠に、AmazonもGoogleも、EchoやGoogle Homeのプレスリリースの中で、一度として「AI」という言葉を使っていない。すなわち、スマートスピーカーを構成する要素は「まだAIではない」と考えているのだ。

 それに対しLINEは、音声アシスタントである「Clova」をはっきり「AIアシスタント」と呼んでいる。10月5日の製品発表時は「スマートスピーカー」だったが、2週間後にCMを告知するリリースでは「AIスピーカー」に変わっている。
呼び方の判断は各社それぞれだが、音声認識への反応精度で他社に遅れをとっている状況で1社だけ「AI」を連呼するのは、少々バランスが悪いのでは……と筆者は考える。  

  
全文と図表はソースで
http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/14/smartspeaker/



iken
51: 2017/11/14(火) 22:25:07.13 ID:g6VP2ekZ
>>1
2,3行で終わる内容をドヤ顔で膨らまして記事にするって・・・

98: 2017/11/15(水) 02:47:08.89 ID:9znb2UJ/
>>1
いつものガラパゴス国家に何今更マジレスしとんのや
feature phoneから出直して来い

4: 2017/11/14(火) 20:36:20.47 ID:DlxoDVdO
そもそもスピーカーと呼ぶのがおかしいんだよ
マイクも付いてるんだから

5: 2017/11/14(火) 20:38:51.52 ID:p021jkQC
ディープラーニングとかもAIとは言わない、機械学習だ、マシンラーニングな

6: 2017/11/14(火) 20:39:33.35 ID:6KW1D0o/
じゃあ、対話型拡声器で

9: 2017/11/14(火) 20:45:50.09 ID:4mX4Izea
スマートフォンとAIフォンの違いみたいな?
ネットに繋がらないと動かないようでは独立した人工知能とは言えないのかもね

10: 2017/11/14(火) 20:51:08.56 ID:FtJIwM5r
今からでもスマートスピーカーにしようぜ。
格好悪い。

14: 2017/11/14(火) 20:59:42.47 ID:/76lPgco
ただのプロトコルまで一緒くたにAIとか言うから
自動なものは何でもAIになっちまったな

17: 2017/11/14(火) 21:05:17.25 ID:0UngrOqK
ウェブサイトとホームページみたいなもんやろ

26: 2017/11/14(火) 21:30:57.30 ID:oZsGFvab
そりゃまあ、呼び名付けてるメディアの頭がアレだから仕方ない



42: 2017/11/14(火) 22:08:19.06 ID:VC3VLy5b
まず、「Yシャツ」から正さないと

44: 2017/11/14(火) 22:10:17.44 ID:vXN0faIN
AIスピーカーって何それ?定着してないし。

53: 2017/11/14(火) 22:31:47.76 ID:jm9Jtn3r
逆に「スマートスピーカー」が通じない←現実

66: 2017/11/14(火) 22:56:58.03 ID:yeFjp2pY
スマート という言葉が、体型を表すために使用されているから
賢いの意味にならないんだよな。。。

カタカナ語は本当に良くない。

75: 2017/11/14(火) 23:23:01.82 ID:/cthY/sD
ぶっちゃけスマホでも足りるけど外でも持ち出して使えたら楽しそうだなと思う
となると結局バッテリーの持ちになるのか

77: 2017/11/14(火) 23:27:03.65 ID:6jmi6CMG
そもそもスマートホンが出てきた時、「何でガラケーより大きいのにスマートなんだよ」と思った奴は沢山いたはずだ

だから普及しないw

82: 2017/11/14(火) 23:42:49.06 ID:uCDOAPK0
Bluetoothスピーカーの代わりにもなってしまうのでは。

85: 2017/11/14(火) 23:54:46.39 ID:3VkJ4WXr
別にAIでもないしな

88: 2017/11/15(水) 00:02:33.15 ID:kfNo0ZDv
音声検索を集音する只のマイクでしょ

90: 2017/11/15(水) 00:05:33.45 ID:c/JkAujS
機能面から「AI」はふさわしくないって否定するのかと思いきや結局多数派ではないってのが論拠なのか・・・

91: 2017/11/15(水) 00:13:07.93 ID:+DFG4yVb
日本メーカーが発売して「AIスピーカー」と呼称しているのならまだしも
海外メーカーが「スマートスピーカー」と命名して発売しているのに
作ってもいないのに勝手に「AIスピーカー」と呼称しているというw

99: 2017/11/15(水) 02:59:56.58 ID:vYAEXZac
ファジーと同じだろ
流行り言葉なんだよ

103: 2017/11/15(水) 03:53:22.70 ID:U9+5Qu2/
Apple「Siri」も、日本の大新聞が「AI」言うて喧伝すればええねん。

109: 2017/11/15(水) 06:33:39.42 ID:44EUdRcz
ガンダムをロボットというのと一緒だろう
あれは人型乗り物だわw

116: 2017/11/15(水) 07:16:47.05 ID:E0RyzpmM
スピーカーだけじゃなくてマイクも付いてるし液晶付きモデルもある。
もうこれはマルチメディアスピーカーだ!

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1510658875/